2011年06月06日

できた姪

リゾット
6ヶ月に入りました! この2週間ほど風邪をこじらせ、喘息になり、ぜーぜー言っていました。風邪は放っておいてもいいけど、喘息は赤ちゃんに酸素が行かないから危険です、と言われお医者さんでお薬を処方してもらって頑張って治しています。でもお陰様で最近胎動も感じられるようになり、お腹の双子ちゃんたちは元気なようです。
そんな中、小学校5年生の姪っ子が私の体調を気遣って京都からお手伝いに来てくれました。初めての1人でお泊まりです。お掃除もしてくれて、お昼にリゾットも作ってくれました。5年生とは思えない腕前で、本当においしかった!2人の弟がいるお姉ちゃんなので、とてもしっかりしていてよくお手伝いの出来る良い子なんです
一晩お泊まりして、次の日のエピソード・・・。姪が京都まで帰るのに、駅のホームまでお見送りして、電車に乗せました。京都駅でママ(私の姉)が待っていてくれる予定になっていました。姪を電車に乗せ終わった後、ママからメールが入っているのに気づき内容を見ると「5分くらい遅れるからホームで待っておくように伝えて」って。うわぁ!もう乗ってしまった!ちゃんとホームで待っていてくれるだろうか・・・心配〜〜
その後電話があって結果を聞いてみると・・・姪はママがホームにいないのを知るとドキドキしながらしばらく待ち、改札の方へ向かったそうです。少ししてママが来て、姪を見つけて叫ぶと、ママを見た途端、口をへの字にして、うわぁ〜ん。と泣いたんだそうです。しっかりしていると言ってもやっぱりまだ小学生ですね。待っている5分間がとっても長く感じたんだろうなぁ。「だって〜ママが待ってくれてると思ったんだもん」って言って泣いていたそうです。なんだか初めてのおつかいのテレビを見ているようで、なんだかかわいくてこっちまで泣けて来ました。
うちの子達も姪っ子みたいにお手伝いができて素直に育ってくれたらいいな〜。

この記事へのコメント
なんだか、心がほっこりする、いい話ですね。

小学五年生といえば、うちの子と同学年ですね。うちの子もこの間、阪急乗って、おばあちゃんのところへ一人で行ったばかりでしたが、よほど心細かったのか、電話すると、か細い声を出していました。

同学年とは言っても、女の子の方がしっかりしてますので、じきになんでもこなすようになりますよ。

最後に、まこさん、くれぐれも無理をせず、安静にしていて下さいね!
Posted by Dahlia at 2011年06月06日 15:09
>Dhahliaさん

れいくんと同じ歳なんですね!
一人でおばあちゃんちなんて、彼にとったら大冒険だったんでしょうねぇ。涙

そうそう、ダリアさん、前回のコメントで、田村さんの羽室家コンサート26日っていってたの間違いでした。すいません。18日らしいです。詳しくはサウンドフィールドにお問い合わせいただくか、豊中市HPでご確認くださいね〜。
よろしくお願いします。
Posted by まこ at 2011年06月06日 20:31
風邪は喘息誘発しちゃいますもんね(汗)
なんとか復調なさったようで安心しました。

それにしても、
私の5年生時期とは大違いの出来たお嬢さんですねぇ。
リゾット?ヒガシマルのちょっと雑炊で満足してたのに比べてなんてハイクォリティなんでしょう・・・

でも、やっぱりラストはあどけない女の子でしたか。
ちょっぴり安心(^-^)b

まこさんのお嬢さんたちもきっと素敵な女子に間違いなしですよ。お体大事にしてくださいね。
Posted by なみ at 2011年06月06日 22:16
>なみさん

ちょっと雑炊!笑
わかります。リゾットなんて雑炊だ、って私も思ってたんです。(^_^;
ちゃんと生米を炒めたりして、そらもうハイクォリティでしたよ。(^^)v
姪っ子が私がブログに書いたのを知り、「きゃーもう、まこちゃんたら〜!」ってはずかしがっていたそうです。(^_^;
このエピソードはもちろんラジオでもしっかりしゃべらせてもらいました。良いネタやったわぁ。ふふふ。

風邪もうあと1日、2日で完治っぽい感じです。
あとひといき〜〜☆
Posted by まこ at 2011年06月08日 15:48